昨日(12/18・火)のギャロップで、左のもも裏がビクッときました。

ギャロップの様子はこちら。 先月下旬から週に1回くらいのペースで練習していますが、まだまだ拙いです。

攣(つ)っただけだといいんだけど・・・、って思っていたんですが、受傷直後は念のため圧迫しました。

ひと晩たった今日の状態からして、多少なりとも筋肉を傷めてしまったと思ったほうがよさそうです。

トレーナーという立場でいうと、ケガするときには必ず理由があって、そのひとつが「パフォーマンスが上がるとき」です。 選手にとっては嬉しいことですし、コレのために練習しているのですが、パフォーマンスが上がるときは、技術の偏りが激しい選手なんかは特に、ケガしやすいです。

私もまさに、相変わらず着地の左右差が著しいくせに、走りが変わってきた矢先のことでした。

自覚があっただけに、もう少し気をつけて練習すればよかったんですが、やってしまったものは仕方ないので、気持ちを切りかえて、できる限りのケアをして回復をはかりたいと思います。 せっかくの機会なので皆さんの参考になるように、誰でもできる手法だけでどこまで戻るかやってみます。 実施した手法は大会後にまとめてご紹介しますので、しばらくお待ちくださいね。