人に手伝ってもらって貼る方法です。

貼りあがりはこんな感じになります。

テープの準備

3.75cm幅テープ3~5マス(1マス=5cm)に、0.5マス分残して縦に切れ込みを入れてふた又にしたものを準備します。

テープの長さは、上後腸骨棘(腰の、ズボンのゴムと同じくらいの高さにある小さな骨の出っ張り)と尾骨(お尻の割れ目の上端付近にある下向きにとんがった骨)を結んだラインをはみ出さない範囲で十分長いほうが効果が高いですが、お尻の割れ目までテープが達するとかゆいです。 身長182cmでやせ型の私(←院長 すえき)は4マスです。

貼る場所

大転子(お尻の外側に突き出た大きな骨の出っ張り。太ももの骨のてっぺんなので、足を上げ下げすると動きます。)の後際から上のテープは上後腸骨棘と鼻骨の中間をめがけて、下は尾骨をめがけて貼ります。

手順

用意したテープのふた又じゃないほうの台紙を少し破りとって

大転子の後際に貼ります(都合上タイツ履いてます)。

イラストのように大転子のシルエットが見つかりますので、大転子にかからないように貼ります。 体重をかけずに探すと見つかりやすいです。

大転子にかけるとそこがかゆくなりやすいので、大転子の上に貼るのではなく大転子の後ろ隣りに貼ります。 この作業が効果と快適さを左右するので正確に行って下さい。

貼る側のお尻が上になるように寝て上の足を前におろし、上後腸骨棘と尾骨を探して指先を置きます(上後腸骨棘に親指を、尾骨に人差し指を置きました)。

上のテープは2点の中間方向をめがけて、下のテープは尾骨をめがけて、それぞれテープを伸ばさずに貼ってもらいます(この作業のみ人に頼んでやってもらいます)。

ポイントは上後腸骨棘と尾骨を自分で探して貼り終わるまで指で示しておくこと。 これを人任せにすると大抵うまくいきません。

押さえたりこすったりしてしっかり接着させたら完成です。

※キネシオテーピング法専用テープをコチラでお譲りしています ⇒ 寺町スポーツ治療院オンラインショップ