タイトルが想像させる内容と実際の内容とがずいぶん違います。おおきなお世話ですが、タイトルで損している気がしないでも・・・。

スポーツ観戦を楽しむ人向けの本ではなくて、熱意を持って練習に取り組む選手やその指導者向けの本です。著者はラグビー関係者にもかかわらず、「筋力は必要なだけあればいい」って考えの持ち主のようでして、そのせいか、私としては共感できる内容が多い本です。

ランナーの皆さんに読んでほしいのは、第1章の「主観と客観のずれ」です。

例えば、グラス持つ手の小指立ててビール飲む人も、主観と客観がずれています。本人は小指立ててるなんてきっと思っていない、でも実際は小指立ってる。

スポーツでは、たぶん芸事でも、何かを身に付けようって場合はこの理解がすっごく大事です。ランニングも、人からフォームのアドバイスを受けるときや、人にフォームのアドバイスをするときは、これがわかってないとかえってグチャグチャになります。

「なるほど、たしかにそうだわ」って思える人は読まなくてもいいかもしれませんが、「え?どういうこと?」って思う人はぜひ読んで下さい。あと、人にアドバイスするのが好きな人もね。

「主観と客観がずれているなんて、知ってたよ~」って人も多いかもしれません。スポーツしていた人は特にね。でも、私は大学生になるまで実は知りませんでした(汗)。大学の図書館で同じ著者の書いた身体運動における右と左という本を偶然見つけて、その本にも主観と客観のずれに関する内容があったんです。それを読むまではっきり認識したことがありませんでした。一応、体育会運動部でスポーツしてたんですけどね~。

『身体運動における右と左』を読んでなかったら今の仕事をしてなかったですよ。