おかやまマラソンで履く予定のシューズですが、去年の鳥取マラソンで履いて以来1年8ヶ月間履いていません。

関連記事:【メレル ロードグローブ2】ベアフットシューズはいずこへ?

なので昨日は治療院業務の合間を縫って、シューズの確認がてら走ることにしました。

どうせ走るんなら、って思い、ビルドアップ走なるものに挑戦してみることに。

RUNNETのランニング用語辞典によるとビルドアップ走とは、「余裕のあるペースで走り始め、次第にペースを上げて行きながら、一定の距離または時間を走りきるトレーニング法。」です。

キロ6分からスタートして1km毎に10秒ずつペースアップしてキロ4分半まで、そう思って走った結果がコレです。
ビルドアップ走11月9日
まず、キロ6分で走れない!遅すぎて。嬉しい驚きです。以前はキロ6分が快適なペースだったのに。

ペースは、結果的には上手に上げていった感じですが、しょっちゅうGPS時計覗かないといけなくて、姿勢やフォームに集中できません。慣れの問題ですかね?

走りはじめがゆっくりなので、練習前の憂鬱感がないのがインターバル走とはちがい、好印象ですな。

とにかく、私にはまだペースをコントロールする芸当はできないことがわかりました。ましてや42.195kmをイーブンペースで走るなんて。

日曜日の本番は、たとえペースが速くても良い姿勢で楽に走れているのならOK、姿勢が崩れたら立て直す、この繰り返しでどこまでいけるか、というレースになると思います。ってかそれしかできませんし。