平成29年7月28日(金)で治療院を一旦閉め、しばらくは物販とトレーナー派遣によるコンディショニング指導を軸に展開していくことになりました。

開業以来、5月下旬から7月下旬の2か月間と、10月中旬から11月中旬までの1か月間の、都合3か月間が超繁忙期で、それ以外は暇だった寺町スポーツ治療院ですが、最近はその傾向がますます顕著になってきました。

この状況で、1年通してお店を開けておくことは経営面で上手くないと思ったのが一番の理由です。

また、施術したほうが早く治るものの、必要なのは機能改善であって、必ずしも施術しないと治らないというわけではない、という確信が深まったのも理由のひとつです。

幸い物販が好調ですし、トレーナー派遣による専属サポートを継続導入して下さるチームもありますので、引き続きこの街で事業継続してまいります。

ケガした後のこと(テーピングとか)に関心の高い山陰においても、予防に重きをおいたコンディショニング指導をシーズン単位で買ってくれるチームの存在には勇気づけられます。

心残りなのはフィットネスジムです。

コンディショニング指導のツールとしてもですが、現役ランナーの端くれとしては、動き作りやリカバリーの手段として相当あてにしていたので・・・。

適当な場所が見つかり次第、出来るだけ早期にジムを再開させ、その際は施術スペースも併設させるつもりです。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、今後とも寺町スポーツ治療院のトレーナー派遣と物販をよろしくお願いいたします。