NEWTONはアメリカ・コロラド州デンバーに本社を置くシューズメーカーで、つま先とかかとの高低差が小さい、比較的フラットなソールのシューズを展開しています。

私が履くのはMV3というモデル。
もう製造していないようで、TRI RACERというモデルに移行しているようです。

 

1.ゼロドロップ

NEWTONのシューズはだいたいどのモデルもつま先とかかとの高低差が2~6mm。

初心者用といわれるぶ厚いソールのシューズは、私はあれらが初心者に適しているとは思いませんが、高低差が1cm以上あるのもザラですから、2~6mmだってかなりフラットな部類ですが、MV3は0㎜です。

ちなみに、つま先とかかとの高低差が0㎜なのをゼロドロップというそうです。

 

2.つま先着地を想定している?

日本語版HPを見るかぎり、ナチュラルランニングという表現がされているだけで、明記されているわけではありませんが、つま先着地を想定しているのではないでしょうか。

他のモデルも含めての特徴ですが、前足部に突起物が配置されていて

この素材がクッション性と反発性に優れているそうです。

いかにも「前足部で着地しろ」って感じでしょ。

同じ素材がかかとにも使われていますが、

前足部重視で配置してあるように見えますね。

他のモデルも、MV3と同じかそれ以上に前足部重視で配置してあります。

 

3.アッパーの耐久性が心配だったけど

メッシュ素材のアッパーがすぐ破れやしないかと心配でしたが、ずいぶん走ったのにまったくその気配なし。

進行方向に差し込むような着地で走っていなければ、大丈夫でしょう。

 

4.アウトソールの幅が狭い

フルのレースでよく履くMERRELLのロードグローブと比較するとずいぶん狭いです。

アウトソールの内側をそろえて重ねるとこんなに違う。

ロードグローブに関する記事はこちら:【メレル ロードグローブ2】ベアフットシューズはいずこへ?

実際走った感じではスピードが出しやすい反面、着地が乱れるのがワラーチや他のシューズに比べて早い。

接地面積が小さい分不安定なんですかね?

着地技術の精度の問題なので、フォームが安定しているランナーでは問題にならないと思いますが。

どのモデルも色使いが鮮やかなので、レース会場で目にしてもすぐ「あ!NEWTONかな?」ってわかります。

女性ランナーがウェアの色と上手にあわせて履くと、すっごく映えるのではないでしょうか。