思うところがあって、厚底のワラーチ作りに頭を捻っていたのですが、真逆のワラーチを思いつきました。

Vibram(ヴィブラム)社製1.8㎜厚のアウトソール素材にフットベッドのシートを貼り合わせた、厚さ3㎜以下のワラーチです。

試作品は、4号帆布・薄茶を貼り合わせました。薄茶はこれで在庫なし。一旦廃番にします。

加工が簡単で、すぐに出来上がりました。

出来上がるまでは、正直冗談半分だった(失礼!)のですが、実際に履いて走ってみたところ、なかなか面白い。

接地衝撃はダイレクトに感じる(そりゃそーだ)し、ソール素材が硬くてペチペチと足音がたちやすい。

接地衝撃や足音は、フォームづくりの際の重要な情報なので、フォームを見直したい人にとってはこの薄っぺらーちがイチバン良いかも知れません。

関連記事:上達するには練習の質と練習量とフィードバック

まだ数kmしか走ってないけど、他のワラーチのように足の形に馴染んで変形してきてます。

ワラーチ未経験者の最初の1足には決してオススメしませんが、目的をフォームづくりや足づくりに絞ればアリです。

※10月12日より正式販売に移行しました。