※現在加筆中です

予防

・少ない種目数、短い所要時間
ストレッチは4部位、備えるべき身体機能は3項目。手間と時間を必要最小限にし、全体練習の時間をできるだけ長く確保します。

・痛みを恐れない
未熟な技術はケガの原因のひとつです。また、身体の強靭さで克服する痛みもあります。以上の理由から、少々の痛みで不要な練習制限をしないことが、競技力向上とケガ予防を両立する上で大変重要です。

痛みとケガの対応

・機能改善は必須、治療は任意
ほとんどのケガは不十分な関節可動域と柔軟性とに不十分の原因はである機能不全を改善し再発を防ぎます。ケガの原因はパフォーマンス停滞も引き起こすので、機能改善して復帰することでその特定と改善は必須です。
治療は回復を早めますが、しなくても治ります。

・鍼や灸で治療ができます
選手が希望すれば帯同時に鍼や灸で治療します。