2チームを1団体としてサポート

練習場所が数分で行き来できるなら同じ学校でなくても可能です。

ケガ対策のみを希望するチームなら3チーム合同もできます。

一方のチームのサポートが打ち切られる場合、もう一方のチームのサポートは次の主要大会まで条件(費用,帯同頻度など)を変更せず継続します。
その間に別のチームが合流することも可能です。

選手ひとりあたりの負担額を抑える方策として2011年から実施しています。

実績:
中学 陸上部+女子バスケ部
高校 サッカー部+女子バスケ部
高校 男子サッカー部+女子サッカー部+硬式野球部