鼻緒チューブ無し
「親指と人差し指の間が鼻緒で擦れて痛いんじゃない?」ってよく聞かれます。

幸い私はコレに悩まされた事が無いんですが、導入チームの選手には毎年何人かいます。

でも最初だけ

そのうち皮膚が刺激に慣れてきてなんとも無くなります。

初めてメガネかけたときって、ツルが耳に当たって痛いんですけどすぐ慣れる、それと同じではないでしょうか。

慣れるまでワセリン塗って走れば問題ありません。

しばらくそうして様子見てもまだ痛い、あるいは擦り傷までできちゃう、そういう場合はきっと進行方向へ差し込むような接地をしています。

接地のムダを無くすチャンスなので、鼻緒が強く当たらないように走ってみて下さい。

また、お尻の奥の筋肉が硬いと足指のマタが過敏になって、たいした刺激でないのに痛いことがあります。

対策はお尻のストレッチです。
オシリのストレッチ

ちなみに、ウチで販売しているワラーチにはチューブを着けて当たりを柔らかくしています。
鼻緒チューブ有り

私はチューブを着けていないんですけど、鼻緒の部分って少し臭いんです。

ストラップの素材自体は水を吸わないのですが、編みこんで平紐状に加工してあるので、編み目に汗や古い角質が入り込み、臭いがしみ込んじゃうんです。

チューブはそれも防いでくれます。

当初そのつもりは無かったニオイ対策としても機能しているようなので、ジャマでなければ着けておいて下さいね。