キネシオテープを剥がれにくく貼る工夫

大会帯同の仕事で選手に貼る場合は、試合中に剥がれると困るので、粘着スプレーを利用したり端をテープで押さえたりすることもありますが、

それ以前にしている簡単な工夫が6つあります。

1.手を洗う

できるだけ粘着面に触れないようにするのですが、少し触れてしまうので、皮脂で粘着力が弱まらないように、手を洗ってから貼ります。

水道がなくて、乾いたタオルで拭くだけで済ますときもありますが、拭かないで貼ったときよりも明らかに剥がれにくいです。

2.切れ味のいいハサミを使う

切れ味のいいハサミで、断端を乱さず切った方が剥がれにくいです。

私は20年以上前からネバノンというハサミを使っていますが、

切れ味もよく、刃こぼれもなく、大変満足しています。

もし切れ味が落ちてきても、今は簡単に使える研ぎ器(例えば 京セラ ハサミ研ぎ器)がありますし、要(かなめ)がドライバーで増し締めできるので、きっと一生使えます。

3.角をとる

テープは角から剥がれてくるので、丸く切り取ります。

4.患部を拭く

理由は「1.手を洗う」と同じです。

これも乾いたタオルで拭くだけでも全然違います。

5.擦(こす)る

テープを押さえて接着させたらすぐに、何度も擦って熱と圧力を加えます。

特に気温の低い時は念入りに、指先が熱くなるまでしつこく擦ります。

熱を加えるとよく着くのは、粘着テープ共通の性質のようです。

6.汗かく30分前までに貼る

貼ってすぐに汗をかくと剥がれやすいです。

適切な時間はテープのメーカーにもよると思いますが、私はある商品のパッケージに「30分前までに」という表示を見たことがあるので、それに従っています。

まとめ

剥がれにくくする効果の実際は

手拭く= 患部拭く= 擦る= 時間あける ≧ ハサミ > 角とる

という印象です。

「3.角をとる」以外は、やるとやらないのとでは大違いです。