ふくらはぎは大丈夫

私自身、コレがいちばん心配でしたが、ふくらはぎの痛みで走れなくなるようなことはありません。

フルマラソンやウルトラマラソンではさすがに後半痛みますが、それは全身痛いですし、いわゆる肉離れや筋損傷もおこしたことはありません。

腓腹筋は全然大丈夫

一般的にふくらはぎと呼ばれる腓腹筋(写真のAの部位)の負担は非常に小さいです。

筋電計で測定しても、つま先から接地する走り方は腓腹筋の筋活動が小さいようなので、踵接地で走らないかぎり(ワラーチで踵接地する人はいないと思いますが)、大丈夫です。

参照:ワラーチのエビデンス 『NHKスペシャル ミラクルボディー』から

ヒラメ筋や腓骨筋は活性化

一方、ヒラメ筋(写真のBの部位)や腓骨筋はシューズで走るときよりも活動します。

負担がかかるというよりは、普段使わない筋肉に刺激が入るという感覚で、筋損傷につながることはないと思います。

私の走力では、ウルトラマラソンの後半などはヒラメ筋や腓骨筋が効かなくなって地面反力を緩衝できなくなるのですが、そのままゴールまで走り続けても傷めたことはありません。

さいごに

もし痛くて走れないのなら、地面反力の緩衝を意識的にふくらはぎの筋肉で行って走っているのではないでしょうか。

前足部とくるぶしで緩衝できるようになるにつれ、走れる距離も伸びてくるはずです。